親の高齢化が進んで親の死後「中高年ひきこもり」と言われる人たちは、どうやって生きてゆくのか・・・餓死するまで閉じこもるのだろうか?

ひきこもり

親の高齢化が進んで親の死後「中高年ひきこもり」と言われる人たちは、どうやって生きてゆくのか・・・餓死するまで閉じこもるのだろうか?
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
中高年ひきこもり

中高年ひきこもりは、親が死んだらどうするのか?

今、引きこもりが長引いて、
40歳以上の中高年の「引きこもり」が多いそうです。


そうした中、親が亡くなった後、引きこもりの子どもが
生き延びていけるかが不安視されています。


本人が40代ということは、その親御さんの年齢は、
70代以上となっているはずです。


ひきこもりは、長引けば長引くほど、
ひきこもりから脱却するのにパワーが必要です。


「親の死後、中高年の引きこもりはどう生きるのか」


生きるためには、どうすればいいのか?


といった深刻な問題があります。

中高年ひきこもり

ひきこもりは、国の定義では、社会参加せず6か月以上家庭にとどまっている状態を指す。内閣府が15~39歳を対象に行った調査では、全国に約54万人いると推計されるが、40歳以上の実態は把握されていない。

 「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」(東京)の事務局長の上田理香さんは「ひきこもりはかつて、青少年の問題とされていた。だが、支援を受けられないまま長期化したり、大人になって就職の失敗や失業をきっかけにひきこもったりする中高年世代も増えている」と指摘する。KHJが2016年11月~17年1月、会員に行った調査では、ひきこもる人の平均年齢は33.5歳で、40歳以上が25%だった。山梨県が15年、県内の民生委員を通じて行った実態調査では、40歳代以上が6割を占め、島根県の調査でも5割にのぼるなど、高齢化がうかがわれる。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

中高年ひきこもり













中高年の引きこもり
ひきこもり解決方法
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

新着記事

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!